兵庫県尼崎魚つり公園でサヨリ釣りに挑戦

  • 2006.11.19 Sunday
  • 19:12
平成18年11月18日(土) 小雨の中、兵庫県尼崎市の尼崎魚釣り公園にサヨリを狙って行ってきました。

兵庫県尼崎魚釣り公園は、武庫川尻にあり、冬場でもチヌやハネの好ポイントとして名を馳せています。

魚礁が沖10メートル地点にあるので、ウキ釣りはこのあたりが投点になります。

実は、サヨリは2年前に、ここ尼崎釣公園で初めてトライ、この日に30匹釣果に恵まれて以来の挑戦です。
現場に付くと、海面が魚で揺れています。聞けば、ボラの大群らしく、時々カモメが魚を捕まえに海に降りると、海面にすごく波が立ちます。

シモリ仕掛けを2年ぶりに出してくると、黒カビが生えていました。泣
カゴにアミエビを入れて、袖針にサシアミを付けて投げます。
サヨリは表層を泳ぐ魚なので、オモリを付けずに仕掛けにハリスを直結します。

仕掛けをしゃくって、カゴからアミエビを流します。
すると、サヨリが寄ってきて、一際大きいサシアミを食べるという塩梅です。

ところが、両隣ではバンバン吊り上げるのですが、私は釣れません。
何故だか判らないのですが、どうしても釣れないのです。いくらサヨリ初心者といっても、腕で出るような差ではありません。

後にいる釣人たちが大きな声をあげます。
シラサエビのズボ釣りで、チヌが上がりました。42センチあり、得意満面です。

カゴの蓋を開放したり、サシアミの頭を取ってみたりするのですが、釣れません。

いろいろ考えた末、ハリスを半分の長さ、25センチにしてみました。
もしかしたら、サシアミの重さでタナが低いのかと考えたのです。

するとどうでしょう、今まで全くアタリの無かったシモリウキが横に走ります。軽くアワセをくれてやると、ウキの横で魚が跳ねます。

初めての獲物なので慎重に引いてきて取り込みました。
32センチあります。ちょっと小さめのサンマくらいの大きさです。

その後、ポツポツ釣って、5匹目を追加したところで、雨が強くなり納竿です。まあ、この大きさの魚なら、小アジやイワシのように、フライにしないでも、塩焼きでそのまま食べられるので、お土産に出来ますね。

待合室であったかいコーヒーを飲み、ゆっくりします。
水槽では、チヌが泳いでいます。

私は海釣りはあまり経験が多いほうではなく、チヌは釣ったことがありません。いつかはお目にかかりたいものです。


爆釣!! ソーダカツオ in武庫川一文字

  • 2006.10.01 Sunday
  • 20:08
平成18年9月26日(土)

午前2時30分起床。
台風一過でソーダカツオが群れているという武庫川一文字に出撃します。半夜釣りではタチウオもまとまった数が上がっているようですが、まだ脂も乗っていませんし、最近、クルマにETCを取り付けたので、深夜に高速道路を走って、深夜割引を受けてみたいのです。(笑) 

コンビニで食料、斉藤渡船でアミエビとハリス4号のサビキ仕掛けを購入。
4時30分の出船予定ですが、爆釣のニュースの影響か、船が満員となり4時15分に出港です。

船釣りでひどい目に合ってから、船恐怖症になってしまい、ディーゼルエンジンの排気ガスを吸っただけで、えずいてしまいますが、もう引き返すことは出来ません。

真っ暗な防波堤に渡り、懐中電灯の灯りを頼りに仕掛けを作ります。
まだ暗くて浮木が見えませんので、タチウオテンヤにワームをつけてなげてみることにしました。ケミホタルの流星が未明の空を飛びますが、アタリはありません。

夜明けとともに、誘導浮木付のサビキ仕掛けを投入します。
実は、ソーダカツオは釣ったことがありませんので、勝手がわかりません。
渡船屋で聞いたとおり、2ヒロで遠投しますが、アタリはありません。

突然、隣の女性が悲鳴をあげます。ソーダカツオがまわってきたようです。サオ一本くらいの近投できたようです。

こちらも近投に切り替えてみますが、アタリはありません。魚群が見えているので、1ヒロに上げてみたところ、一気に浮木が消しこみます。

強い引きで走り回る魚を強引に浮かせて、ゴボー抜きして堤防に落とします。始めて見る魚の姿は朝の光にまぶしく輝いています。

約35センチといったところです。小さいわりには、回遊魚の引きは強く感じます。クーラーに入れると中でバタバタいっていますが、構わずに続けて竿を振ります。コマセで群れが居ついたのか、次々とソーダカツオがヒットします。

バキッという音に振り向くと、隣の女性が竿を折っています。一度にカツオが3本もかかってしまったようです。

私も気を張りながら浮木を見て、魚を取り込みますが、遂に2匹掛ってしまいました。やわらかい私のチヌ竿では上げられません。モタモタしているうちに、道糸がキューンと鳴いてしまい、切られてしまいました。
バタバタと釣れ続け、私の小さなクーラーはもう魚は入りません。しかし、時間はまだ6時すぎです。仕方なく、釣っては逃がしを続けますが、あまりに釣れるので面白味もありません。(ヘタレ釣氏の私には贅沢な話です。)
目先を変えるために、ルアーを引いてみることにしました。
有り合わせのスプーンを引いてみますが、ソーダカツオは見向きもしません。
そのうちアタリが遠のきます。すると今度はイワシが回り始めました。

その後、イワシのアタリが止まると、ソーダカツオが回ってきます。どうも、カツオとイワシの関係は交代交代のようですね。
満足な釣果に納竿です。

血がグロいですね。
7時半の船で帰ることにしました。



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 日本最大級の治験情報サイト(新薬ボランティア 人体実験アルバイト)
    嶋田佑美 (12/16)
  • 東京旅行(究極のオノボリさんツアー)その9 サザエさん一家の家系図
    おっちゃん (01/22)
  • 原付2種で行く東北ツーリングその2 新日本海フェリー 敦賀新港 フェリーターミナル
    JAKie (08/18)
  • 東京旅行(究極のオノボリさんツアー)その9 サザエさん一家の家系図
    紫電改  (07/21)
  • 東京旅行(究極のオノボリさんツアー)その9 サザエさん一家の家系図
    院主です (07/21)
  • KDDI 「DION」の個人情報流出の詫びメール到着
    山ちゃん (06/22)
  • 究極のアルバイト 新薬ボランティア 治験 その2
    紫電改 (12/08)
  • 究極のアルバイト 新薬ボランティア 治験 その2
    院主です (12/08)
  • 兵庫県西宮市武庫川一文字へタチウオ釣り
    しょうたこ (11/30)
  • 北海道ツーリングその50 さようなら北海道
    on-any-sunday (11/24)

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM